お電話でのお問い合わせ
受付時間 9:00~17:00
※土曜・日曜・当社指定の休業日を除く
中部グループ
ホームページからの
お問い合わせはこちら
中部グループ
中部グループ

中部グループ

中部グループ

中部グループ
中部グループ

2010年11月05日 UL300(3000KN)による全せん断過加工

今回は量産を意識した全せん断トライを行った。

テーマとしては全せん断と共にリング部の真円度・円筒度及び全長での平面度の確保を念頭に置いた。結果としては真円度0.008、円筒度0.011、平面度は0.050となった。(※図の値は今回の試作品の暫定目標値です。其々の値についてご興味のある方は弊社、営業までお問い合わせ下さい。)

また、全せん断に関しては100%よりも35%程度破断を残した方が量産性は向上するような傾向が見えた。次回は真円度・円筒度をさらに追求し、金型の耐久性の向上をテーマとしたい。

加工機:AIDA UL300(3000KN)



中部グループ

中部グループ
最新の技術を持って参加します